悲しいお知らせ

辛いお知らせをしなくてなりません。

私の肩の状態があまりよくなくて、先日、MRIの検査を録ってもらって肩専門のクリニックを受診しました。インピンジメント症候群と診断され、それに拘縮肩もあります。肩の棘がでっかくなってて、腱板断裂を起こす予備軍的状態だそうです。関節包が炎症を起こして痛いのです。

このままでは腱板断裂をおこうので手術を勧められました。

なんてことだ~~~!まだ、胆嚢の手術をして3か月だというのに、また、手術!

鍼とリハビリで肩の可動域は広がってきているのですが、どうしても痛みが取れません。

でも手術はどうも納得がいかないので、セカンドオピニオンをしようと思って居ます。

手術をする、しないはともかく、10月のオペラはこの今の状態ではかなり難しいです。

特に今回は12の月のコーラスの部分が重要で、5月からはその立ち稽古に入ります。

かなりの長時間の稽古になり、肩が悪化することも考えられ、途中で降板の可能性もあると思うと、他のメンバーへ多大な迷惑になり、今、降板して代役を立ててもらわなくてはいけないと決断しました。昨夜、娘がチラシ原稿から私のプロフィール写真を削除するときは、なんともやるせない思いが溢れてきました。

今日、演出の大石さんと話をし、大石さんの顔を見ると涙が溢れだしそうになりました。

労わって下さり、また再演もあるだろうし・・・と慰めてくださいましたが、やはり悔しいです。

オペラは重労働です。体力がないとやっていけません。それに乗っかって行こうという気持ちが切れてしまったのも理由にありますが、まずは、体を優先することに決めました。

このオペラを楽しみにしてくれていた友人、知人、生徒さん方が大勢いて、その人たちに対しても申し訳ない気持ちで一杯です。

実行委員として動いて、ホールの抽選に行ったのは私、協賛金の大枚をはたいたのも私、チラシのデザインを無償で引き受けてくれたのは私の娘(原画は違いますが)。

これだけ係わってきたのに出演できない無念さは計りきれるものではありません。

でも、体あってのこと。

この決断は仕方なかったことだと自分に言い聞かせています。皆様、ごめんなさい!